So-net無料ブログ作成
愛銃紹介 ブログトップ

ルガーレッドラベル・オールウェザー(のはず) [愛銃紹介]

やっとルガーの上下ニ連銃"レッドラベル"がやってきました。

実はルガーが気に入ったのは、夏の終わりくらいからなんです。
最初の1丁(いわずと知れたベネリM3)の許可が出るのを待っていたのですが、当初は5万円の
安いミロクのトラップ用上下ニ連にするつもりでした。
2丁同時申請が出来ないと言う事なので(厳密には出来ない訳じゃありません。少し面倒という事)
ベネリの所持許可が出るのを待っていたんですが、その間に銀色の上下ニ連銃をWebで見てしまいました。
何でもアメリカのスターム・ルガー社の銃で、ステンレス製という事。

「おお、カッコイイ。これぞ俺の欲しかった銃だ!」と思い込んでしまいました。
実は私はスターム・ルガー社には、ちょっとした思い入れがあります。
私が中学生の時に始めて買ったモデルガンが「ルガー・スーパーブラックホーク」だったからです。
ルガーのスーパープラックホークはシングルアクション(西部劇みたいに激鉄を起こしてから引き金を引かないと撃てない。)で、当時最強の44マグナムを撃てる銃でした。
当時の少年ジャンプに連載していた「ドーベルマン刑事」というマンガの主人公・加納刑事が愛用していた拳銃です。私の周囲ではやけに人気があるマンガでした。
(余談ですが、加納刑事の持つブラックホークは特別でした。車を撃てば車がスピンするし、犯罪者の腕を撃てば腕が千切れ飛んでしまう。高層ビルから落っこちた時はマグナムの反動で他の階に飛び込み、助かっていました。私たちの間では、同じ少年ジャンプの"コブラ"のサイコガンと双璧をなすスゴイ銃でした。)
私も友人に影響され、「俺も将来、大学を出たら上級国家試験に合格して特犯課(特別犯罪課)に入り、スーパー・ブラックホークを持って、ハーレーに乗り回すんだ。」という意味不明の事を夢想しておりました。(注意!"特別犯罪課"などという部署は架空の存在で、警視庁にそんな課はありません。それに警察官に44マグナムが支給される事はありえないし、ハーレー・ダビッドソンが支給される事もありえません。上級国家試験にパスするというエリート官僚が、現場で銃をブッ放すなどという荒唐無稽さが、半端な知識レベルの中学生です。)
その次に所持したモデルガンも、スターム・ルガーの22口径の自動拳銃でした。
(名前は忘れてしまいました。ラジコンと交換で、友達より貰ったものです。)
私にとってスターム・ルガーの銃は、S&Wやコルトと並んでアメリカを連想させる会社なのです。

しかしルガーを所持するまでは、中々紆余曲折がありました。
まずアチコチの銃砲店に電話で問い合わせても
「ルガーはライフルしかない。」「ルガーは入って来ない。」
という回答が多かったです。(そっけない応答が多かったです。(ToT))
またルガーのレッドラベルであっても、ステンレス製ではなかったり、(オール・ステンレスはオールウェザーだけです。)在庫が無いため取り寄せると9ヶ月近くかかる!などでした。
ある銃砲店でも中古が出ると言うので、半月程待ってみたのですが、やはり出ませんでした。
ちなみに(ルガーを知っている)どの銃砲店でも、異口同音に言うのは
「やめなさい。」!!!
「ルガーは造りが良くない。」「銃を知っている人なら絶対買わない。」「あんなの銃じゃない。」等等。
いっやぁー、実に評判悪いっすねぇ、ルガー。
でもいいんです。そう言われると何故か余計に欲しくなります。
(でも途中で「やっぱ682が買えるまで待とうかなぁ」とかも、けっこう思ってしまいました。)
最後に、富士山に行った時にイヤープロテクターを買った銃砲店に電話をしてみました。
ぜ~んぜん期待していなかったんですが、「あと1ヶ月すれば入るよ。」という予想外の答え。
しかも価格はかなりの安目。これはもう待つしかありません。
もっともこの時に言われた通りに1ヶ月で入っていれば、Xデーに間に合っていたんですが。
Xデーに間に合わないと知っていれば、自動的にミロク5万に決定している所でした。

そこまでしてやっと出会ったルガーですが、11/9のSKEET-SHOOTERSの練習会の後に三島まで足を伸ばして、ついにご対面しました。    しかぁ~し!
・・・ぎ、銀色に光っていない!!!
「なんじゃあ~、この水道管みたいな色は?」

そう、やっと出会ったルガー・レッドラベルは灰色だったのです。しかも「水道管ゲーム」に出てくる、水漏れしやすい鉛の水道管の色・・・。
まさか起動スイッチを入れるとフェーズシフト装甲で、色が銀色に変わる訳じゃないよね。
(ガンダムSEEDを知らない人は、意味不明だと思いますが。)
私が「ルガーって銀色じゃないんですか?」と聞くと「今はこの色になったそうだよ。」というお答え。
何て事を!これなら普通のガンブルーの方が100倍カッコいいのに。
第一、この色じゃ本当に素材がステンレスかどうかわかりません。
しかし店主の次の言葉が、私を購入へと押し出しました。
「このルガー、けっこう人気あってね。アチコチから問合せがあるんだよ。在庫の6本とも全部決まっててね。」
そうか・・・そんなに人気あるのかぁ、この水道管は。見た目も箱もモデルガンみたいだけど・・・。
さらにスターム・ルガーはトム銃砲という所が代理店だったそうですが、今はその銃砲店が無いので当分は入ってくる予定は無いようです。また個人輸入はアメリカが武器の輸出に神経質になっているため、非常に時間がかかるとの事でした。(入って来ないという意味ではないです。)
銃身はレッドラベルには珍しい30インチ(推定)だそうですし、交換チョーク付きです。
(トラップでもスキートでも使えるように、交換チョークにはこだわっていました。)
それに付属の説明書を見るとステンレス製らしい。
「わかりました!このルガーください!」
練習会でやけにハイになっていたせいもあるのでしょう。私はついにこの言葉を発しました。
手際よく店主が譲渡承諾書を作成してくれ、私はそれを受け取り家路へと急ぎました。

こうして待つ事1ヶ月。警察より所持許可が出て、銃砲店に残金を振り込んでFAXを送り、21日にルガーが手元に届きました。さっそく包装を解くと、おお!スターム・ルガーのマーク「羽根を広げたニワトリ!」がいます。

(もしかしたらニワトリじゃないかも。でも私にはニワトリに見えます。)
箱を開くと、銃身・機関部・交換チョーク3つ(2つは銃身に入っていた)とチョーク・レンチ、盗難防止用のワイヤーロックが入っています。


交換チョークは"FULL","MODIFIED","IMPROVED CYLINDER"が各1本づつ、"SKEET"が2本となっています。説明書を見ると"X FULL"というのが掲載されていますが、これは付属していないようです。
なおルガー・レッドラベルに関しての詳しいレポートは、ShootingTips.comにとても素晴らしいレポートが掲載されているので、そちらをご参照下さい。今更ド素人の私が取説を訳しながら知ッタカして書くと、恥をかくだけなんで。(月刊GUN誌ばりのカッコいい記事です!)
http://www.shootingtips.com/NewFiles/article/Ruger%20Red%20Label/Ruger%20RedLabel.html
では初撃ちの感想は、またこの次に書きたいと思います。
(もっとも私は"まっとうな上下ニ連銃"を撃った事が無いので、比較もクソも出来ないんですが。)
コールは勿論、ドーベルマン刑事のように「ド外道ーーっ!」と叫んで!

P.S
現在のルガー・レッドラベル・オールウェザーは、灰色以外にカモフラージュ柄が追加されたそうです。
http://www.ruger-firearms.com/Firearms/FAProdView?model=4182&return=Y
さすがに変わったもの好きの私も、ちょっとこのカモ柄は遠慮してしまうんですが、元々が猟銃である事を考えれば、こっちの方が正当なのかもしれません。
(いいんだ。私は灰色に飽きたら、ガンダムの色(白・青・赤)にでも塗ってみよう。)


nice!(0)  コメント(28)  トラックバック(1421) 
共通テーマ:スポーツ

ベネリM3スーパー90 20”スラグ(Benelli M3 Super90 20 Slug) [愛銃紹介]

ベネリM3スーパー90 20”スラグ(Benelli M3 Super90 20 Slug)



オート&スライド兼用銃。コントロール・レバーの切り替え操作により、
本来オートに不向きな装弾でもポンプにより確実に作動させられる。
最終弾発射後には、ボルトが開放位置で停止するメカが設けられている。
  イタリア製
  番径:12GA
  薬室:3
  銃身長:20"
  プル:336mm
  コム:37mm
  ヒール:57mm
  全長:1040mm
  総重量:3.3kg
(以上、SPORTS GUN GUIDE BOOK 2006 より)

私の愛銃です。最初の1丁です。
(最初の1丁目がベネリ~という呆れ声が聞こえてきそうですが・・・)
黒と銀(クロームメッキ)がありますが、私のは黒です。
このブログでも書いたように、私がキャンプに行った帰りに宇都宮の銃砲店へ立ち寄り、
中古で展示されていたものでした。
その金額は9万4千円なりぃ~。(安い!)
この銃は初期型だそうで後期型との違いは、見かけは遊底を引く時の指をかける
レバーが丸い棒になっています。
内部的にはその他にも多少変更されているようです。(よく知らないんですが)
私と同じように中古ベネリを購入され、「掃除の仕方がわからない!」という人のために、
掃除用の分解する手順を示します。
1、銃身部と弾倉部を押さえている金具のネジを緩め、外します。

2、先台前のリングを時計回りに回して外し、スリングを通す金具を外します。

3、この時、遊底は閉じている必要があります。

4、先台を前の方に押し出す事により、銃身と先台が一緒に外れます。

5、銃身まで外した状態。

6、先台前のオート/ポンプ切り替えレバーを少し左に回転させると、銃身と先台が外れます。

7、遊底の指をかけるレバーを引き抜きます。

8、遊底を外します。写真はここまで分解した状態です。

9、遊底を閉じるボタンの後ろにあるピンを引き抜きます。

10、これにより引き金と撃鉄部分が一体となって外れます。

だいたい、ここまでが私の分解できる限界です。これ以上やるとミツ○シ送りに
なってしまいそうなので、これ以上は分解しません。
通常の掃除は、この状態で充分だろうと、私は思っています。
ここまでですと分解も組立ても簡単で、私は多少うす暗くても、
分解なら2分、組立てでも5分以内には出来るようになりました。
ここで銃身を掃除し、遊底を丹念に拭き、機関部の中を拭きまくります。
引き金と撃鉄の部分も、外から拭ける所は全て拭きます。
初めて分解した時、白っぽいような緑っぽいようなカスが端についていたので、
それらは爪楊枝とボロ布で拭き取りました。
オイルは付け過ぎてはいけない、との事ですので、オイルで拭いた程度の
ボロ布で拭いています。(ベトベトにしない程度)
M1とかなりの部品が共通であるといいますが、どの部品が共通なのか
私には判別がつきません。
なお、よくこのベネリは「軍用っぽい銃」と言われます。
という訳でどこかの軍が採用しているのかと思ったら、私が調べた範囲では
ベネリM3を正式採用している所はないようです。
米軍正式散弾銃トライアルに参加してダメだった事は、ベネリを好きな人なら
みんな知っていると思います。その後正式採用されたのは、ベネリM4
(それともH&K M1014と言うんでしょうか?)だそうです。
ベネリM3の一番の特徴は、オート/スライドの切り替え機構です。
先台の前のつまみを左にひねると、ポンプアクションモードになります。
なお、銃身が26インチのものはリブ付きでインベスターチョークが5本
ついているそうです。
このベネリM3、中古で買いましたが、ほとんどキズがなく、当然ガタも無く
銃身内部も非常にキレイでお買い得だと思っています。
(私が使っていて、ちょっとキズを付けてしまいましたぁ~(泣))
良く「ジャムする」とか「回転不良がある」という話も聞きますが、
まだ連発した事がないので、その点はよくわかりません。
(1発づつ装填して、完全に単発銃として使っています。ハハ)
しかし・・・軍用チックと呼ぶにはちょっとヤワそうな気がします。
機関部のボディは軽合金っぽいし(アルミ合金のような気がしますが・・・)
内部の部品も少し力を入れると「ベキッ」と行ってしまいそうな・・・。
スライドさせるためのレールなんぞ、強引に扱ったら曲がってしまいそうです。
よくクレー射撃で、年間の消費弾数を「2万発」とか聞きますが、
このベネリで2万発撃ったら、銃がご臨終になってしまいそうです。
(そんな事ないんでしょうか?どなたかベネリで数万発撃った方は、いらっしゃいますでしょうか?)
稼動部分が多い自動銃なんで、耐久性は当然上下ニ連銃に劣るのかもしれませんが。
まあ今の所、欠点らしい欠点は見当たりません。
この銃を買って本当に良かったと思ってます。(何よりカッコいい!)


愛銃紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。